2011年01月17日

Shoegazing for Remedios COBO HAMADA Exhibition 本日最終日

更新がひさしぶりになってしまいました。
もうしわけありません。

Shoegazing for Remedios    
COBO HAMADA Exhibition
濱田公望「シューゲイジング・フォー・レメディオス」展



本日最終日となっております。
graffiti2011年第一弾の展覧会となりました、映像作家・濱田公望さんによる個展。
マルチモニタ映像と特殊スピーカーで鳴らされる楽器による、
代替可能性と地域主義をめぐる映像・サウンドインスタレーション。
今日も作家さんが在廊してくれていますのでぜひ足を運んでみてくださいね^^

明日のおやすみをはさんで19(水)からは
グラフィティでも何度も展覧会をしてくれています、遠藤誠さんによる個展
「Bad Dirty Room」が始まります。

完成していない作品達と、それが在る空間。
物事が進んでいくプロセスの持つ興奮や昂揚感を提示したい。
サブカルチャーを取り込みつつ、インスタレーションを展開します。

こちらもお楽しみに。

posted by plastiko at 15:27| Comment(1) | TrackBack(0) | gallery [ギャラリー] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。