2009年09月11日

ウォー・ダンス 響け僕らの鼓動 / 桜木奈央子 写真展 アフリカの水

「ウォー・ダンス 響け僕らの鼓動」

日時:9月26日(土)
開場:18:30
開演:19:00
終了:21:00
場所:高知県立美術館ホール

前売:大人 1.500円 学生・障害者 1.300円 小中高生 1.000円
当日:大人 1.800円 学生・障害者 1.500円 小中高生 1.300円
*小学生未満無料
*当日券を販売しないこともありますのでお早めにお買い求め下さい

前売販売場所
高新プレイガイド/美術館ミュージアムショプ/カフェクレオール/Decembre
グラフィティ/Lamp(高知市)/ROCK GREEN CAFE(安芸市矢流)/ocho8(香美市)


紛争ですべてを失った子どもたち。
彼らに希望を与えたのは音楽と踊りだった。

wardance.jpg

アフリカのウガンダ北部にあるパドンゴ避難民キャンプには60.000人を超す人々が生活している。
過去20年に渡って反政府組織の脅威にさらされ、家も家族も、一切の安全も安心も奪われてきたのだ。
この難民キャンプ内にある学校で〈奇跡〉がおこっていた。
愛情にあふれる教師たちの手によって、歌が、踊りが、音楽が生徒たちのもとに戻って来たのである。
先祖伝来のリズムにのって体を揺らし、足を鳴らし踊る子どもたちの姿。
彼らが伝えたいものは祖国への思いであり、未来への祈りでもあるのだ。
そんな彼らの思いが、首都カンパラで行われる【全国音楽会】への出場へとつながった。
紛争地域にある学校の出場は歴史的快挙で、生徒たちは上位入賞を目指し猛練習にはげむ。
ドミニク、ローズ、そしてナンシー。
3人の生徒たちをカメラは丹念に追っていく。
彼らが練習で見せる真剣な眼差しや、ふとした瞬間の笑顔の陰にはつらい過去がある。
忘れたいであろうその悲しい出来事を、彼らは自分に言い聞かせるように語りだす。



関連企画

桜木奈央子 写真展「アフリカの水」


9/17(木)〜24(木) グラフィティ 東隣 蛸蔵
9/26(土)〜10/3(土) ROCK GREEN CAFE
11/4(水)〜12/27(日) ocho8

img092.jpg

人間の喜びや希望とは?戦火をくぐる子どもたちの優しい眼差しの向く先は?
戦争を遠い国ではないと実感したときに、私たちはもっと優しく生きられるのではないかと思い写真を撮り続けています。


posted by deguti at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 高知のART event | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。