2009年11月09日

「使える和紙展-50 TOSAWASHI PRODUCTS-」

10月31日から11月20日まで
「使える和紙展-50 TOSAWASHI PRODUCTS-」
がいの町紙の博物館で開催中です。

side.jpg

20代から40代の土佐和紙の手漉き職人さんたちと一緒に
タケムラデザインアンドプランニングさんが
ゼロから企画を立ち上げて準備を進めて来たもので
土佐和紙を使った50個のプロダクトを展示しているもの。

なんとなく、高いし使い道もないし…というイメージのあった土佐和紙。
もっと実用的でおしゃれなものを作れないかなということで始まったのが
この「使える和紙展」

会場に並ぶのは
土佐和紙を使った50個のプロダクト(商品)の試作をはじめ
作家やデザイナーに依頼して作ってもらった手紙のいろいろ
ノートやファイル、付箋、クリアファイル、ペンケースなどおなじみの文具たち.
服やコサージュ、ピンといったアクセサリー類や
ハットやベレーといった帽子、様々なバッグ
果てはキャンプで使えるタープまで。


紙漉き職人 7人
作り手 21人
による「使える和紙展」
ぜひ足を運んでみて下さいね。

HPはこちら
http://paper.camera-talk.com/

入館料は520円ですが、以下より割引券をダウンロードもできます。
http://www.k3.dion.ne.jp/~tosawasi/page%20folder/Ticket.html


簡単なレポートを下記ブログで期間中更新
http://takara-machi.jugem.jp/

posted by deguti at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 高知のART event | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。